忍者ブログ


※前触れなくキョン古とか古キョンとか出てますのでご注意を。




だらだら(90)     日常(8)     連絡事項(11)    
  2017/09  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30   
09.24
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

12.22
折りたたみに滾った想いをぶちこんでみました
今回ちょっと取り乱している気がします



最近エロを書きたい、何となくエロ書きたい
もうメロメロデレデレえろえろで
好き好き言ってぎゅうっと抱きしめたりなでなでしたりもうそれはもうすごい糖度の話を。
年に一回くらいデレデレのメロメロなキョンが居てもいいんじゃない…それを楽しんで喜んでいちゃつきまくる古泉とかいいんじゃない…
ほらほらクリスマスとかイブとかね、聖夜を性夜とかやっちゃうくらいにベタな感じにいちゃいちゃしていて欲しいものです。
最初はしみじみケーキ食べたりして
「今日もあなたと居れて嬉しいですよ」
「そりゃどうも。つうか、最近じゃ一緒に居ない時間のが少ないんじゃないのか」
なんというデレ、というくらいのデレ
「そうですね……静かで、いい夜です」
うすく微笑む古泉にドキッとするキョン
そっとキョンの手を伸びて来て、頬を撫でられる古泉
「お前の笑った顔久々に見たな」
ちゃんと笑ってるという意味で!
そこからキスなり愛撫なりに進みちょっとだけエロでも本格的にエロでもなり幸せをかみ締める二人!
ちょっとだけセンチになりつつも幸せ、と思って欲しいです
設定では高三くらいのつもりで!
あ、それだったら受験勉強とかしててもいいなあ。古泉がキョンの間近で彼の匂いがすぐそこにある、とか、そういう思いを感じて、感じた自分に戸惑って。

思ったよりエロエロにはならなかった…
読むのは好きなんだけども妄想するにはちょっとだけのじゃれあいくらいまでしか出来ません
でもやっぱり絡ませた指とか萌えます。湿ったような吐息とかも。
PR
prev  home  next
忍者ブログ  [PR]

(design by 山瀬)