忍者ブログ


※前触れなくキョン古とか古キョンとか出てますのでご注意を。




だらだら(90)     日常(8)     連絡事項(11)    
  2018/05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31   
05.27
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

01.30
遅ればせながら戸惑をプレイしました。
うっかりクリアまでして、睡眠時間…!と思いましたが、十二分に楽しかったです。





とりあえず、まだ一週目なので、そこそこ堅実にしつつ古泉と視線を合わせよう、なるべく女の子たちも刺激(?)しすぎない方向で!と思ってプレイしました。
中盤あたりまではそこそこだったのですが、三週目頭くらい、半ばくらいから古泉が疲れを訴えはじめ、どう回避すべきか悩みました。
古泉とかみくるちゃんとかがアップになっての「やる気注入」が面白かったです。
いちいち可愛らしくてキュンとしました。
出来上がったゲームはプリンセスメーカー?っぽいものでした。
ハルヒが娘でした。父はキョン。
かなり可愛い感じに仕上がってて驚きました。どう考えても高校生のできばえではないけれど、そこはそれで楽しいですし、楽しかったです。
今度はガチなプレイをしてみたいですが、ガチなつもりでない今回の操作でも古泉が「ちょっと疲れてる」ような状態になったので、考えます。

キョンの書き文字に萌えたり、古泉のあのしるし(○に古と入ってるやつ)がなんだか気に入ったり、みくるちゃんの添えられた記号(?)やハルヒの自画像、長門の「一体どうすればチョークであんな文字が!?」みたいな明朝体も素敵でした。
時々古泉の文字が解読できず焦りました。
一度は「我ながら~」の書き込みが重なってしまい、更に解読が困難に。
キョンの文字は読みやすいし、男っぽくていいなあと思います。
古泉はダイナミックですね。ロゴのラフを頼んだとき、キョンが「のびのびしている」というような事を言っていたのですが、やはりありのままがいいと言うことなのでしょうか。
脳内で「無理すんな」というように変換してしまい、妄想がノンストップ。
EDの台本練習で死にそうになりました…。
でも、言ってから文句を言うキョンがいいですね~古泉もああいうのは結構ノリノリになる気がします。
いっそ演技の最中に、本心を込める、というようなシチュがあったら萌えだよな、とも思います。
さすがに一日で二週目をするのは困難なので、後日にまたします。

一日経つと記憶が曖昧になるので、ざっと萌えだったところを書いてみました。
また明日(もう今日)も頑張ります。
PR
prev  home  next
忍者ブログ  [PR]

(design by 山瀬)