忍者ブログ


※前触れなくキョン古とか古キョンとか出てますのでご注意を。




だらだら(90)     日常(8)     連絡事項(11)    
  2018/08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31   
08.17
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

01.30
なんとなく「似顔絵めいたのが欲しい」と思ったので、ネットで似顔絵ジェネレーダーぽいのを探しました。
自分で描いてしまうと、どうにも残念すぎる仕上がりになるので。
結果は

猫は三毛猫が発見できず、無念であります。
若干口が大きいですが、それもまたデフォルメだと思って味が出るのではないかと
でもちょっと目が色薄すぎでした…ううん。
古泉のも作ったのですが、悪徳業者みたいな笑みになっており「さすがに…ないわー」と思いました。なんというか、白々しい明るさです。最後やけになって、ポーズが「GJ!」な親指立てになっております。むしろ「奥さんこれ買っておかないと損ですよ!」な勢いの顔になっています。
にこにこな顔を作ろうとしたら、目を閉じたパーツが一つしかなく。しかもシワつき。

戸惑は完璧に作るとRPG?になるようですね。
古泉向けなカードゲームっぽいのもあるとか。
実は仲良しっぽいスチルは見てないので(誰とのも)、楽しみです。


射手座な話も書いてみたいな、と思います。
あと下官→上官に話すとき下官が「自分は~~であります」というような一人称「自分」が萌え。「わたし」「わたくし」もいいですが、「自分」はなんだかもう好きすぎます。
しかしやり過ぎると、軍隊すぎるようにもくどくも思えるので、どうにかバランスよく書いてみたいものです。
あと、お堅い人が翻弄される話も好きです。
お堅い人と好青年、お堅い人と遊び人、お堅い人とうそつき、お堅い人と鬼畜さん
お堅い人と敵っぽい何か…など
相反する、なのに何かのために共同戦線とか同胞となるとか、お互いが有益だと判断したら手を組むとか、そういうのが好きで萌えます
ハードボイルドな関係というか、コンビというか、ストイックというか。
それでいて、よく相手を知っていたり、一番重要なことは知らなかったり。
しかし、相手が何かしらに巻き込まれ再起不能とか戦ってた場所に出れないとか居なくなったとかで、もの寂しさを覚えるとか、大変に萌えです、せつなもえです
古泉とキョンでしたとしたら、一体どちらがどちらの立場になるのだろう。

昔からあまり趣味は変わっていないようです。
似てるけど似てない、共通項はあるけど全てではない、ただし最終目標はほぼ同じとか。
そういえば今まで好きになったカプはお互い「任務」めいたものがあることに気づきました。
そこから生まれる愛憎とか葛藤とか焦燥とか、もやもやする人がきっと好きなのだと思います。
PR
prev  home  next
忍者ブログ  [PR]

(design by 山瀬)